安全日と危険日の計算


sponsored link


  第三者広告配信について
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。







安全日と危険日の計算


世の中には「経済的な問題」や「身勝手な感情」などの色々な理由により、望まれない妊娠が非常に多いのが事実です。年間の中絶件数は故意不意合わせて30万件に上ると言われていて、癌で死亡する人数とさほど変わらず実は日本人の死亡理由の上位に君臨し続けています。あまり褒められたものではないのではないかと思いますが、安全日が「安全」と言われる由縁、危険日が「危険」と名付けられてしまったのはこういった社会的な背景があるからでしょう。

避妊に確実な方法というのは存在しませんが、それを「ほぼ確実」なものに近づけることは可能です。そのひとつとして安全日と危険日の計算が役に立つことがあるでしょう。安全日と危険日について、またその計算方法など知っているのと知っていないのと、対策を実行するのとしないのとでは妊娠する確率に大きな違いができます。

自分の体を良く知った上で、安全日危険日を理解してさらに避妊具も併用していけば、一切の避妊をしない場合よりも妊娠の可能性は大幅に下がり、望まれない妊娠というものは減少していきます。生まれるはずだった赤ちゃんのことを真剣に考えてあげて欲しいものです。

sponsored link


生理と妊娠の基礎知識


安全日危険日とは?安全日や危険日を知る上での、生理と妊娠の基礎知識について学びましょう。安全日がなぜ安全なのか?から安全日についての説明、同じく危険日について、気になる妊娠の確率や生理不順の原因やメカニズムについても説明しています。


⇒ 生理と妊娠

⇒ 安全日とは

⇒ 危険日とは

⇒ 妊娠の確率

⇒ 生理不順について

安全日と危険日の測定と予測


安全日と危険日はある程度予測することが可能です。ここでは安全日と危険日の測定方法予測についてを説明します。基礎体温を元にした生理の周期と排卵日の測定法や、荻野博士が研究した有名なオギノ式測定法について、グラフなどを用いて解説していきます。これらを知ることで自分の安全日危険日をしっかりと計算しておきましょう。


⇒ 基礎体温測定法

⇒ オギノ式測定法

避妊について


現在の性の現場はどんどん若年化している傾向を見ると、それにつれて学校等での性教育に求められる質が高くならないといけないと個人的に思います。全ては責任ある行動が出来るかどうかだけなのですが、それを教育現場で教えているかどうか分かりません。

大人も子供も常に避妊について正しい答えを持って、さらには自分の安全日危険日をしっかりと知ることで、その後の明るい未来へと歩いていきたいものです。


⇒ 避妊の必要性

⇒ モーニングアフターピル

⇒ 中絶について

sponsored link



copyright©2009  安全日と危険日の計算  All Rights Reserved