安全日とは


sponsored link


  第三者広告配信について
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。







sponsored link


安全日とは


安全日はなぜか「妊娠しない日」と誤解されていることが多く、いまだにその誤解は根強く残ってしまっています。安全日は「妊娠しにくいだろうと思われる日」です。もし勘違いされている方がいらっしゃいましたら、これを期に正しい知識を身に付けて欲しいところです。

さて、「妊娠しにくいだろうと思われる日」というのは、どんな日、どんな状態を指すのでしょうか。
妊娠はそもそも、卵子が精子を受精して着床しないことには起こらないものなので、この卵子が子宮内に降りてくる日である排卵日にその可能性はぐっと高まります。そして卵子にも精子にも寿命があり、その活動期間は個人差や個体差がありますが、卵子がおよそ1日で精子がおよそ3日といわれています。ということは排卵日の前後を避けた日がすべて安全日ということになります。

またこの排卵日を完全に正確に特定する方法は残念ながら今のところ無く、「およそ」を計ることしか出来ません。それというのも、生理が精神状態や個人差に左右されやすいものだからです。


危険日とは

sponsored link


copyright©2009  安全日と危険日の計算  All Rights Reserved