危険日とは


sponsored link


  第三者広告配信について
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。







sponsored link


危険日とは


危険日はその名の通り「危険な日」なのですが、イコール「妊娠しやすいと思われる日」ということになります。では「妊娠しやすいと思われる日」とは一体どんな日を指すのでしょうか。

通常は排卵により卵子と精子が出会う機会が出来るので、妊娠は排卵日の前後が最も起こりやすいと言えます。卵子と精子にはそれぞれ短いながらも活動に寿命がありますが、それを踏まえた上で排卵日の前後がすべて危険日と言えます。しかし必ずしも「排卵日=危険日」というわけではなく、「排卵日≒危険日」という表現が正しいでしょう。排卵日も危険日の中に含まれているわけですね。

妊娠を望んでいないのであれば、この危険日をよく知っておきたいところです。排卵日は基本的に生理が始まる14日(前後)です。さらに排卵日は体温が通常より少し下がる特徴があります。他にも排卵痛という排卵時に起こる腹痛が起こる場合もあります。
自分の生理周期をしっかりと記録して、それを元に危険日を測定していくことは体調管理の意味も含め効果があるでしょう。


妊娠の確率

sponsored link


copyright©2009  安全日と危険日の計算  All Rights Reserved