モーニングアフターピル


sponsored link


  第三者広告配信について
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link


モーニングアフターピル


男の性とでも言っても過言ではないですが、男には自分の種を残そうという本能があります。それ以外にも避妊具を付けていないときの快楽やスリルを求める傾向も伴って、避妊を軽んじる人が多いのは事実です。強姦などが多いのもまたそういった所からくるのかもしれません。当然女性しか妊娠しないわけで、被害は常に女性が被る形になってしまいます。

しかし、最近では性交渉時における避妊失敗後にも行える避妊方法が開発されています。

モーニングアフターピルといわれる薬で、女性ホルモンを多く含んだホルモン剤があります。目的はホルモンバランスを崩すことで受精した受精卵が子宮内で着床しないようにし、生理を早めることで妊娠の可能性を低い状態へと体を変化させることです。性交後の72時間以内に服用しないと効果が薄れてしまいますが、服用が早ければ早いほど効果は高くなります。

モーニングアフターピルは日本では認可が下りていないので保険が適用されず、残念ながら自己負担となります。薬といっても薬局で手に入るものではなく、産婦人科で処方を求めるかインターネットで直接購入しておくかどちらかになります。費用は1セットにつき大体3000〜5000円ほどで販売されています。頭痛や吐き気などの副作用も認められていることから、数ある避妊法の中でも最後の手段として活用していただけたらと思います。


中絶について

sponsored link


copyright©2009  安全日と危険日の計算  All Rights Reserved