中絶について


sponsored link


  第三者広告配信について
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link


中絶について


みなさんは避妊についてどのようにお考えでしょうか。状況や立場や教育の違いなど、十人十色いろいろな考えがあると思います。

私個人としては避妊行為というのは「一社会人」としてではなく、「一人間」として当然の行為だと思っています。現代社会においては、自分の快楽のために生命を汚すことはやはり「悪」でしかないでしょう。悲しいかな、日本での中絶件数は年間で30万件近くあります。大袈裟かもしれませんが、年間30万人が生まれる前に手術で殺されるわけです。こう考えると、いかに本能と言えども避妊を軽んじることは出来ないでしょう。

さらに言えば中絶というものには、一生消えない十字架を背負う危険性も秘めています。安全性が保障されていない中での中絶行為により、妊娠が出来ない体になってしまうこともあります。肉体的なトラブルが見られない場合でも、中絶行為の持つ精神的な重圧にストレスを抱え込んでしまう人も居ます。したがって「妊娠しても堕ろせばいい」というような中絶を軽んじるような考えは、男女関係なく決して持たないようにしてほしいものです。


安全日と危険日の計算TOPへ戻る

sponsored link


copyright©2009  安全日と危険日の計算  All Rights Reserved